袋煮

おはようございます。
今週も、とっても簡単なお弁当おかずのご紹介です♪

「充実した朝の過ごし方や、毎日の暮らしの様々なご提案をしている、とっても心地よいサイト!
→ 朝時間.JP

只今忙し女子でも作れる!簡単お弁当レッスン」の連載をしています。

今回は、ひとつの卵がボリュームアップ!
出汁いらずで、かつおぶしパックのうまみをしみこませて美味な卵のおかずをご紹介します。

⇒ 何度でも食べたくなる卵のおかず!「卵の袋煮」のお弁当

忙しい朝、ちょっと美味しい卵のおかずが作れると嬉しいですよね。
袋煮は、おあげにお出汁が浸み込んで美味しい上に、卵がボリュームアップ!

薄揚げは、菜箸でコロコロおさえて、中をはがれやすく。

レシピ2

半分に割ってはがして。

レシピ3

↓ここがお弁当の袋煮のプチポイントその1なのですが、乾燥わかめをごく少量入れると、汁気対策にも味ぼけ防止にもなります。

レシピ4

卵を割りいれる時には、小さなコップ等で安定させて割りいれます。

レシピ5

楊枝でとめて^^

レシピ6

煮汁は、出汁いらずで。

レシピ7

小鍋に2つがちょうどよい分量。

レシピ8

↓卵に火を通したら、ここで、お弁当袋煮のプチポイントその2(笑)なのですが、出汁をいれなかったかわりに、かつおぶしの小パックを入れてからめます。

レシピ9

お弁当のすばらしいところは、「食べるまでに時間がかかる」ということ。
熱々を食べてもらえないという、マイナス思考ではなく、
「昼までに美味しくなればいいから楽!」というプラス思考で。
お弁当をあけるまでの時間を調理時間と考えれたら、突然、調理が楽になります。

卵の袋煮は、本来は、美味しい出汁を引いて甘辛味で煮含めると美味ですが、
お弁当に入れる場合は、少量の出汁を朝からひくなんて大変ですから、朝は卵に火が通ればOK!
昼までに、からめたかつおぶしから美味しい出汁がしみて美味しいのですよ♪

↓なので、味を含んだかつおぶしでサンドしたり、下に敷いたり等して、袋煮にしみこませるようにすべてからめてお弁当に詰めます。

卵

↓前日の残りもの弁当なのですが、卵のおかずの袋煮を追加すると、卵がごちそうのお弁当。

お弁当

簡単レシピはこちらから。(今回も簡単すぎて、↑でご説明した通りですけど^^;分量ご確認くださいね。)

⇒ 何度でも食べたくなる卵のおかず!「卵の袋煮」のお弁当

忙しい朝に。
卵のおかずに困ったときに。
思い出してください。

今日もみなさまよい1日をお過ごしください。
今日が穏やかな1日になりますように。

******

↓ブログの更新情報が届きます!


↓ランキングに参加しています。1日1回クリックして頂けると嬉しいです!


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村

※頂いたコメントのお返事は、次回のブログ記事中の最後でさせていただいています。