ライオンオムライスブログ用

今日は、昨日告知させていただいた、NHK総合「あさイチ」に、出演させていただきました。
ご覧くださったみなさま、大変ありがとうございました。
若く可愛い料理家のみなさんに続いて、ホットプレート料理の母さん的な役割で(笑)、登場させていただきました。
番組の最後に、視聴者のみなさまから寄せられたホットプレート使いのアイディアも!
ワクワク心躍りました。色々と教えてください。本当にありがとうございます!

スタジオで作っていただいたオムライス、レシピご紹介しておきますね。

★★★ Kameyo's recipe ★★★


ホットプレートでBIGオムライス!



(材料) 4~5人分

・温かいごはん 茶わん6杯分
・鶏もも肉 600g
・たまねぎ(1cm角に切る) 1個(200g)
・マッシュルーム(3mm厚さに切る) 10個(100g)
・グリンピース(塩ゆでしたもの) 適量
・トマトケチャップ カップ1強(お好みで多目に)
・バター 20g

(A)
・塩 小さじ1
・こしょう 少々

(B)
・卵 4個
・牛乳 大さじ4
・塩 少々

(作り方)

① 鶏もも肉は余分な脂を除いて3cm角に切り、(A)を全体にふってもみこみ、下味をつけておく。ホットプレートを250度で熱してバターを入れ、すぐに鶏肉を入れて炒める。



※先に鶏肉にしっかり下味をつけておくのがコツです。鶏肉のくさみが気になりません。
※バターは焦げやすいので、ホットプレートに入れたらすぐに具材を入れて炒めるといいですよ。

② 鶏肉が白っぽくなったらホットプレートの端に寄せ、真ん中でたまねぎとマッシュルームを炒める。



※ホットプレート全体を使い、広げて炒めると効率よく早く炒めることができます。

③ たまねぎが透き通ったら鶏肉と合わせて炒め、ケチャップを入れてよく炒める。



※ごはんをいれる前にケチャップをよく炒めるのがコツ。香ばしく美味しいチキンライスになります。この時も、ホットプレート全体に広げて水分をとばすようにして炒めます。

④ ③にごはんを入れて炒め、味見をして、塩やケチャップ(お好みで。分量外)で味をととのえる。



⑤ チキンライスをホットプレートの真ん中に寄せる。



⑥ ホットプレートの温度を140度にして、よく混ぜた(B)をチキンライスのまわりに流しこむ。全体に卵液が均等にいきわたるようプレートを少し傾けるとよい。



※ホットプレートを低温にしてから卵を流し込むことでやわらかく仕上がります。

⑦ チキンライスの上にグリンピースを飾る。卵が好みのかたさになったら保温にし、ケチャップ(分量外)で、好きな文字やイラストを卵の上に描く。



※食卓では、先にチキンライスを取り分け、ヘラで卵を切り取ってのせてください。

★★★ Kameyo's recipe ★★★

こちらは、「ホットプレート黄金レシピ」(イカロス出版)P42でご紹介しているBIGオムライス。
以前、テレビでご紹介したときに、ブログでもみなさまに手順やレシピをお伝えできたら・・・とご相談した時に、特別に画像他許可を頂いたものです。
イカロス出版のみなさま、美しい撮影をしてくださった濱田カメラマン、大変ありがとうございます。

子ども達は、発想が豊かで。
小学校の時に我が家によく遊びにきてくれたあーちゃん(可愛すぎました~)は、怪獣の絵を書いてきて、自分の絵をみながらオムライスを作ってくれました。
放送では私が作ったとご紹介いただきましたが、一緒には作りましたが、主役で作ってくれたのは子ども達です!

レシピ6
 
今にも火を噴きそうな怪獣に「あーちゃんすごい!!」あまりにも素晴らしくて大感激しました。

怪獣オムライス2!!

ライオンオムライスは、以前、雑誌のオレンジページでご紹介したので、インスタ等でも作ったライオンオムライスを載せてくださった方もたくさん!
色々なご家庭のライオンオムライスをみるのが楽しくて!ありがとうございます!

撮影風景

よく、「くまさんオムライス?」って言われるのですが(笑)。
まわりのケチャップはたてがみなのです~!
今日、あさイチで作ってくださった「ねこちゃんオムライス」も、可愛かった~~。

ライオンオムライスブログ用


そして、私が20年以上、ホットプレート料理を作り続けている理由。
1番は、いつも料理を作っているみなさまに、少しでも楽をしていただきたい。
材料を用意するだけで、あとはホットプレートで家族に作ってもらえるようなしくみにしていただけたら食事の支度がとても楽になります。
食事の全責任を負わずに。
家族にまかせて。
食卓でそれぞれに作ってもらうという日を作るのもいいものです。
どうか、楽をしてください。

そして、NHKあさイチでは「家族の絆を深める」というコーナーで、お伝えしましたが、
ホットプレートを囲む食卓は、無理に会話をしなくても、自然と「賑やか」になります。

お皿に盛った料理も素敵なのですが、食卓の中央に温かい取り分ける料理があると、
「そっちのソースとってね。」
「1人5個ずつだよ~」
等と、必要な会話と動きが生まれます。
ソースを色々用意して、最後の味付けは各々にまかせるというのも作る側の気が楽になります。

年頃のお子さまとの食卓に、ホットプレート料理をすすめたら、
「久しぶりに、息子となんとなく普通に会話したの!」
といってくれた友人がいて、私の方が感激して泣けました。

また、はじめてお招きするお客さまと食卓を囲む時。
我が家もですが、子どもが巣立った夫婦ふたりの静かな食卓(笑)!
ホットプレートの力を感じていただけると思います。


鍋は冬だけですが、ホットプレートは一年中温かい料理を囲むことができます。
大勢集まった時に、大量に温かい料理を作りたいときは、もちろん大活躍。
ホットプレートを持ち寄ると楽しいですよ♪
↓実家での忘年会。中華パーティー。まるごと麻婆豆腐と蒸ししゅうまい。


↓こちらは、仕事仲間とクリスマス会(10人)をしたとき。
イタリアンチキンや、えびワンタンと厚揚げのエスニック蒸し等。


4~5人集まるちょっとしたおもてなしにも、もちろん大活躍。
クッキングシートを敷いて焼くだけの「焼鳥」も楽しいですよ♪

ホットプレート

ご家族とのごく普通のいつもの食卓にも。

ホットプレート料理色々、ホットプレートのカテゴリに入れていますので、よかったらお楽しみください。

⇒ ホットプレート料理

ホットプレートを囲む食卓。みなさまのご家庭にもとりいれていただけたらとても幸せです。


***お知らせ*** 

ホットプレート本2冊、2019年7月、重版致しました。
6刷と2刷。皆様、大変ありがとうございます。

 

******

↓お問い合わせありがとうございます。
プロフページまとめました。お仕事のご依頼はこちらをご覧ください。

 


↓ブログの更新情報が届きます!


↓ランキングに参加しています。1日1回クリックして頂けると嬉しいです!


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村

※当ブログにお越しくださって本当にありがとうございます。
頂いたコメントのお返事は、次回のブログ記事の最後でしています。

****

佐代子さん~
放送は少しでしたが、楽しんでいただけましたか?
ご家庭でもホットプレート料理お楽しみください♪