白菜が美味しい季節。
もう、5年以上前にご紹介しているレシピですが、ずっと作り続けている我が家の定番。
どうしてもみなさんに白菜のステーキを作ってみていただきたいのです。
ホットプレートでじっくりと焼いた白菜のステーキは、うまみたっぷり!ジューシーでたまりません。
是非是非!旬の白菜の甘味とうまみを堪能してください

★★★ Kameyo's recipe ★★★

白菜のこんがりステーキ



(材料)4~5人分 ※ 内寸 約幅50.5×奥行31.0×高さ2.1cmのホットプレート(平面プレート)使用

・白菜 大1/2個(1.2kg)
・ベーコン 100g(1cm角に切る)
・マッシュルーム 10個(100g 薄切り)
・にんにく 1かけ(10g 薄切り)
・オリーブ油 大さじ2(大さじ1と大さじ1)
・しょうゆ 大さじ1
・ピザ用チーズ 100g
・塩、こしょう、小麦粉 各適量
・白ワイン 1/4カップ(酒でもOK)

・黒こしょう、刻みパセリ 少々

(作り方)

① 白菜は、縦4等分に切る(芯の部分は切り落とさない)。全体に塩とこしょうを軽くふって下味をつけ、小麦粉を全体に薄くまぶす。葉の方はバラバラしないよう爪楊枝等で固定しておくとよい。



② ホットプレートにオリーブ油(大さじ1)とにんにくを入れてから200度で熱する。香りが出てきたら、ベーコンとマッシュルームを入れて炒める。

 

③ ①を一旦取り出して、しょうゆをからめておく。



④ ③のホットプレートにオリーブ油(大さじ1)を入れて全体に広げ(ホットプレートの温度は200度のまま)、①の白菜を並べ、蓋をしめて5分程度焼く(途中様子をみて、焦げないよう温度調節)。

 

⑤ 焼き色をみて、こんがり焼けていたらひっくり返し、白ワインを回しいれて再度蓋をしめて5分程度蒸し焼きにする。

 

⑥両面にこんがりと焼き色がついたら、③を白菜の上にのせて、その上にチーズをのせ、再度蓋をしめる。チーズがとけたら保温にして黒こしょうと刻みパセリをちらす。

 


※塩加減が薄い場合は、お好みで、しょうゆソース(しょうゆとオリーブ油を大さじ1ずつ混ぜたもの)をかけてください。
※大人用にはアンチョビペーストやオイスターソース、バルサミコ酢など、くせやうまみのあるものが白菜によく合います。ワインに合う美味しいつまみに!

★★★ Kameyo's recipe ★★★

冬になると、白菜やキャベツで作る!野菜のステーキ。
シンプルに塩だけでも美味しいのですが、ちょっとおめかしステーキに。
とにかくこんがりと香ばしく焼くのがポイント。

↓このくらい焼くと、白菜そのもののうまみがしっかり感じられます。


焦げるか焦げないかのギリギリのところまで、中温(200度程度)でじっくり焼いてみてください。
焼き加減が甘いと、水っぽく淡泊な白菜ですが、しっかり焼くと突然うまみが湧き出すような感じがしてびっくりします。
ホットプレートは、大きな大きな白菜を、4~5人分一気にステーキにできるのが本当に嬉しい。



白菜の美味しいうちに! 是非お試しくださいね。

***お知らせ*** 

ホットプレート本2冊、2019年7月、重版致しました。
6刷と2刷。皆様、大変ありがとうございます。

 

******

↓お問い合わせありがとうございます。
プロフページまとめました。お仕事のご依頼はこちらをご覧ください。

 


↓ブログの更新情報が届きます!


↓ランキングに参加しています。1日1回クリックして頂けると嬉しいです!


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村

※当ブログにお越しくださって本当にありがとうございます。
頂いたコメントのお返事は、次回のブログ記事の最後でしています。

*****