d92a9b64.jpg


我が家の春の定番です♪ 今が旬のあさりは本当に美味しい~
お味噌と豆乳のあさりのチャウダー。いつものごはんにもおもてなしにも!
大好物で、春は週1で作ってしまいます^^ 簡単レシピはこちらです~↓
                レシピ印刷をされる方はこちらをご覧ください♪ → レシピ印刷について
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

あさりの豆乳味噌チャウダー♪   
                                         by かめ代のおうちdeごはん☆
  あさりの豆乳味噌チャウダー

(材料)5~6人分

・あさり 1パック(300g程度 砂だししておく)
・ベーコン 3枚(7mm角に切る)
・玉ねぎ 1個(7mm角に切る)
・じゃがいも 1個(7mm角に切る)
・にんじん 1本(7mm角に切る)
・しいたけ 3枚(7mm角に切る 他えのきやしめじなどなんでも)
・酒 大さじ3
・だし汁 カップ2(同量の水に粉末和風だし小さじ1でも)
・豆乳(無調整) カップ2
・味噌 大さじ2(味見して調整してください)
・すりごま 適量(たっぷりが美味しいです)
・菜の花 適量(他、ねぎやパセリなどでも)

(作り方)
① 鍋にベーコン・玉ねぎ・にんじん・じゃがいも・しいたけとだし汁を入れて中火にかける。
  沸騰したら弱火におとし、鍋の蓋をして10分程度、野菜がやわらかくなるまでコトコト煮る。
② 煮ている間に、あさりの酒蒸しを作る。
  フライパンによく洗ったあさりと酒をいれてフライパンの蓋をする。
  強火で加熱し、あさりの口が開いたら火をとめて蓋をあけて粗熱をとる。
③ ②の蒸し汁ごとざるでこして、①に入れ、あさりの身も飾り用を残して外して①に入れる。
④ ③に味噌を溶きいれ、豆乳をいれて弱火で加熱し、沸騰する前に火をとめる。
  器にいれて、すりごまと飾り用のあさり、さっと塩ゆでした菜の花をのせる。

※沸騰させると、豆乳が分離してしまうので、温めるときは沸騰しないように気をつけてください^^


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

簡単にいうと・・・
濃い目の味噌汁に豆乳とすりごまいれてるだけです(笑)!
これが美味しいんですよね~
クリーミーで、優しい味で・・・ もう~ 大好き!

先日のおもてなしでは、じゃがいものかわりにたっぷりのカリフラワーで!
上に刻み葱をトッピングしました。ベーコンもいれなかったかな。
     15358c96.jpg

冷蔵庫にあるもので! どんな野菜で作っても美味しいです。

あさりはぐつぐつ煮てしまうと身がちぢむので、いつも酒蒸しにしてうまみの出た蒸し汁もいれてます^^
砂が入ってると嫌なので、ざる(目の細かいもの。なかったらざるにキッチンペーパーをのせるといいです。)でこすと安心です^^

一昨年のクリスマスにもご紹介したように豚汁でもよくします。
     こたつでまったり♪和のクリスマス
豆乳嫌いのかめ子の大好きな(笑)豆乳料理なんです。
かめ夫ママが教えてくれた、小麦粉と水をぐるぐるしただけのおだんごも入れるとトロミがついてよりお子さまに人気です♪


  たて

買ったばかりのデジイチで必死で撮って肩がコリコリ・・・ 重い。重すぎる。
セットで三脚もついてたけど、説明書呼んだのに・・・ カメラとくっつかない~

ボケ感は出たんだけど、な~んだか暗いし・・・・・
ぱぁ~っと春らしい明るい写真にしたかったんだけど。 
設定がさっぱりわからない~(泣)
これから、勉強しなきゃ! がんばります~っ 


☆お掃除ダイエット日記 Part2 124日目☆ 

昨日は週末をひきずってたキッチンをゼロにもどした。
キッチンの床もきれいに拭く。
ホットプレートも片付ける^^


2つのランキングに参加しています! クリックしていただけると励みになります!
     
 にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

いつも本当にありがとうございます~!! お手数かけてすみません~!


☆皆様へ☆

このブログに立ち寄ってくださった方々、毎日温かいコメントを残してくださる方々、そして、コメントは残さずにこっそりと応援クリックしてくださってるたくさんの方々、本当にありがとうございます。

今日は、旗当番で予約投稿してます。
朝から旗振りがんばってきます~
また、パートから帰ったらコメント読ませてください^^
すみません~

たくさんの方のご訪問、応援クリック、コメント! 毎日の更新の励みになっております。
感謝の気持ちでいっぱいです。
皆様、よい1日を♪ 
                                              かめ代