ブログトップ画像(朝ごはん)

本日は、日本テレビ「ZIP!」にて、ホットプレート料理を紹介させていただきました。
ご覧くださったみなさま、大変ありがとうございました。


↓こちらは可愛い姉妹、ももはちゃんとあおばちゃんが作ってくれた、「ホットプレートバタートースト」! 空いたスペースでベーコンエッグも焼いてみてくださいね。

★★★ Kameyo's recipe ★★★

ホットプレートバタートースト & カリカリベーコンエッグ

レシピ7

(材料)4人分
※一般的な4~5人分の平面プレート(約 幅50.5cm × 奥行31.0cm × 深さ2.1cm)のホットプレート使用。

・食パン 4枚(厚さはお好みで。)
・ハーフベーコン 8枚
・卵 4個
・バター 40g

トースト準備物

※卵は、白身の水分の部分が多い卵があります。そうすると目玉焼きにしたときにまわりに白身が流れてしまいます。もちろん、それでいいのですが、もし、形よく仕上げたいときは、ザルでこすと水分の多い部分だけ切ることができます。

卵
 
(作り方)

① ホットプレートを200度で予熱する(蓋をすると早く予熱できます)。

レシピ1

② 両端にベーコンを2枚ずつ4人分並べる。
※ベーコンから油がでるので、油はしかなくてOK。

レシピ2

③ ベーコンの上にそっと卵をのせる。

レシピ3

④ 中央のパンを並べるところに、バターを置いてヘラで四角く伸ばし、すぐにパンを置く。
※パンを置くところだけにバターを広げるのがコツ。バターはすぐに焦げてしまうので、素早くパンを置いて。パンにバターをすべて吸わせるようにします。

レシピ4

レシピ5

⑤ 10秒~30秒程度、お好みの焼き加減になるまで焼いて裏返します。
※ゆっくり10数えてみてくださいね。しっかり予熱ができていると、あっという間に焼けますので、こがさないように様子をみながら焼いてくださいね。

レシピ6

※食パンは、裏面はお好みの焼き加減で。焼きたては表面がカリカリで中はしっとり。
ベーコンエッグはカリカリ!目玉焼きの黄身はトロトロの焼き加減。ケチャップやマヨネーズなどお好みで。
   
★★★ Kameyo's recipe ★★★

ホットプレートで焼くトーストは、なんといってもご家族分の枚数があっという間に焼けるということ。
そして直にプレートで焼くため、乾燥せずに表面が香ばしく!中はしっとりふわふわ!に焼けます。

ブログトップ画像(朝ごはん)

焼けたら保温モードで、パンのウォーマーのように、置いておけるのも嬉しい。
パンを焼いて皿に置くと、皿にふれているところが水分でべったりとなってしまい、なにより冷めてしまいますが、ホットプレートの保温モードで熱々!下もサクサク!

特別なことは何もしなくても、いつもの料理をホットプレートで作るだけで。
ご家族が和んで穏やかで温かくて楽しい食卓になる・・・というのを実感していただくのが、私の願いです。

ももはちゃん、あおばちゃん、本当にありがとう~
これからも、お料理のお手伝いをたくさんして、おかあさまを楽にしてあげてください。

次の記事では、小中学生の兄弟!かなたくんとひなたくんが作ってくれたホットプレート料理をご紹介しますね!


***お知らせ*** 

インスタ更新中です → (c)kameyogohan

2014年に出版した「ホットプレート黄金レシピ」。2020年9月に7刷となりました。
皆様、大変ありがとうございます。

 

↓こちらは、私がホットプレートレシピを紹介し続けている理由です。
度々聞かれるので、まとめてみました。長いので、興味がありましたら・・・。

 

******

↓お問い合わせありがとうございます。
プロフページまとめました。お仕事のご依頼はこちらをご覧ください。

 


↓ブログの更新情報が届きます


↓参加中しています


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村

※当ブログにお越しくださって本当にありがとうございます。
頂いたコメントのお返事は、次回のブログ記事の最後でしています。

*****