栗のミルク茶巾

実家の栗がたくさん届きました^^

毎年お伝えしているかもしれませんが、我が家のお気に入りの簡単な栗のおやつ2種。

↓まずは、娘の大好物のミルク茶巾です。

★★★ Kameyo's recipe ★★★

栗のミルク茶巾 

  栗のミルク茶巾

(材料)茶巾 20個程度

・栗の皮をのぞいた状態 400g
・牛乳 カップ1
・さとう 大さじ3~4(栗の甘さによりお好みで調整してください)

(作り方)

① 鍋に、栗とかぶる程度の水を入れて強火にかけ、沸騰後中火にして30分程度やわらかくなるまで茹でる。

  ※1つ切ってみて、やわらかく美味しくなっているか確認する。

 栗をゆでる

② 新聞紙の上で栗を包丁で半分に切る。

  ※すべると危ないので、まな板ではなく新聞紙の上で。皮はそのまま新聞紙に包んで捨てます。

 栗レシピ2

③ 栗の中身をティスプーンでかきだす。

 栗レシピ3


 栗レシピ4

④ 虫食いや渋皮がないかどうか確認して丁寧にとりだす。バットに③を入れてすべて向こう側に寄せ、スプーンで少しずつ手前にかきながら確認していくとよい。

 栗レシピ5

 栗レシピ6

 栗レシピ7

 ※すべて手前に寄せた状態で確認完了。見落としがないので便利。

⑤ ④の栗の重さを量り、栗:牛乳が2:1になるようにする。今回は栗が400gだったので、牛乳カップ1(200cc)とさとうを鍋に入れて中火にかける。

 ※さとうは、栗100gに対して大さじ1を目安に。最初は少なめに入れて味見をして様子をみて調整しています。

 栗レシピ8

⑥ 沸騰したら弱火にして、木べらで底が焦げ付かないよう、底から優しく混ぜながらコトコトと煮る。ぽってりと重くなり、木べらですくってポトッと落ちるようになったら火をとめる。

 ※大きめに残った栗をつぶさないよう、優しく混ぜると食感を楽しめる茶巾になります。

 栗レシピ9

⑦ 木べらですくって、バットに落として粗熱をとる。

 栗レシピ10

⑧ ラップで⑦を山盛り大さじ1(20gくらい)を包んで茶巾型にする。

 栗レシピ11


※茶巾は色々な作り方がありますが、栗のごろごろとした食感を残したいので、裏ごしもミキサーにもかけず、コトコトと煮て茶巾にしています。

★★★ Kameyo's recipe ★★★


そして、こちらは、昔、パンの先生のMIYOKO先生に教えていただいた、渋皮ごと揚げた揚げ栗!

↓自然の渋皮が、パリパリの衣になって! びっくりします^^

★★★ Kameyo's recipe ★★★

揚げ栗 

  揚げ栗


(材料)

・栗 適量
・揚げ油 適量

(作り方)

① 栗は、鍋に入れてかぶる程度の水を入れて強火にかけ、沸騰後5分程度ゆでてザルにあげる。

(皮をやわらかくしておくため。)

② 渋皮を傷つけないよう、鬼皮だけをむく。

  レシピ1

③ 水気をしっかりと紙タオルでとり、160度の揚げ油で10程度じっくりと10分程度揚げる。(焦げないよう気を付ける)

④ 油を切って盛り付ける。

  レシピ2

※焦げないよう、低温でじっくりと揚げます。

★★★ Kameyo's recipe ★★★



毎年必ず作る定番のおやつ^^

実家の栗の木。毎年、いのししと競争で栗拾いをしてくれている父と母。

     栗の大木

自然に落ちてきたのを拾うので、形も色々ですし虫食いもあるので、小さいものは茹でてから半分に切って全部中身を確認します。

虫くいが入ると苦いというかなんというか、せっかくの栗の香りが全部台無しになるので要注意!

これはすべてミルク茶巾に。


大粒で立派なものは、よくよく調べて虫食いがないか確認して揚げ栗に。

    揚げ栗 渋皮衣

美味しい塩をつけて、前菜の一つとしてパリパリアツアツをお出しすると、おもてなしにも素敵。

パリパリの衣に驚きます^^

     栗

実家の和栗を食べれるのは秋だけ。今日もせっせと栗仕事します^^



寒くなりましたね。私も不覚にもやや風邪気味。

今朝は、なぜか布団の外で苦しい恰好で寝ていました~っ
(最近、自分がよくわからない・・・)

凍えて目が覚めましたよ・・・ 


みなさま、お布団かけて寝てくださいね^^;

今日もよい1日になりますように・・・。


*****

コメントありがとうございます~

あゆままさん~♪
いつも遊びに来てくださっててありがとうございます~
水島は今週末が祭りなのですね!
神輿っていいですよね~ 
お弁当作りも楽しんでください^^
定番が1番! 美味しいおかずのローテーションが子どもも一番喜んでくれる気がします。

美肌スキンケアさん~
祭りって本当に元気がわいてきますよね。
若いころはそこまで興味がなかったような気がするのですが、年々楽しみに。
裏方でお世話されている方も、大勢いらっしゃるんだろうなと思うと余計ありがたいです。
子どもが小さいころ、町内の子ども神輿のお世話だけで、必死でへとへとになった記憶があります^^;



↓いつも応援してくださって本当にありがとうございます♪


にほんブログ村 


レシピブログに参加中♪