氷温ぶどう2

地元岡山で大人気の「オセラ」



今号の特集は「いつか行きたい うわさのレストラン」。

「え~っ こんな素敵な店があるの?」
と、地元で20年以上暮らす私も知らない店が色々!
今号も、熟読必須の濃い・・・濃すぎる!内容です。

「オセラ」では、JA晴れの国岡山 × オセラ コラボ企画「晴れの国レシピ」を担当させていただいています。

今号の食材は「氷温ぶどう」。
果物王国の岡山県。
皮ごと食べられるシャインマスカットが冬にも愉しめるのをご存じですか?
秋に収穫した糖度18度以上のシャインマスカットを、繊細な温度管理ができる氷温冷蔵庫で長期保存。
収穫時の糖度や品質がそのまま保たれるそうですよ。

今回、オセラをご覧頂いた方から、どこで買えますかとご質問を受けて、出版社に確認していました。
貯蔵されている分の販売が終わったら終了なので、今年はもう販売終了されたそうです。
「今年の年末にむけて(まだ先ですが)、今年のお正月には食べたいなと思われたら、秋に
JA晴れの国岡山にお問い合わせください。」とのことです。



是非、「岡山のシャインマスカットが年末年始にも愉しめる!」と覚えておいていただいて。
ぜいたくなので、むしゃむしゃ食べるわけにはいかない(笑)ので、シャインマスカットそのものを大切に食べていただけるようなレシピにしてみました。

本当にシンプルに。白あんの寒天生地を型の底に敷いて、シャインマスカットを整列させて。

氷温ぶどうレシピ1

上からも流し入れます。

氷温ぶどうレシピ2

固まったら、ちょうどマスカットが半分のところになるようにカットします。
つるりとマスカットだけを先にいただいて。後でマスカットの果汁がついた白ようかんを。

氷温ぶどう

シャインマスカットの香りが白ようかんに。
とても簡単でシンプルなのですが、貴重な氷温ぶどうが、1粒1粒、愛おしく食べれます。

一番最後のページを開いてみてください。氷温ぶどうが出てきます。

大好きな「オセラ」

 

今日も珈琲を飲みながら、ほっと一息するときに開きます。


***お知らせ*** 

インスタ更新中です → kameyogohan

2014年に出版した「ホットプレート黄金レシピ」。2020年9月に7刷となりました。
皆様、大変ありがとうございます。

 

↓こちらは、私がホットプレートレシピを紹介し続けている理由です。
度々聞かれるので、まとめてみました。長いので、興味がありましたら・・・。

 

******

↓お問い合わせありがとうございます。
プロフページまとめました。お仕事のご依頼はこちらをご覧ください。

 


↓ブログの更新情報が届きます


↓参加しています


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村

※当ブログにお越しくださって本当にありがとうございます。
頂いたコメントのお返事は、次回のブログ記事の最後でしています。

*****