弁当棚

今日は、4月1日。新社会人のみなさま、おめでとうございます!

早いもので、我が家の娘も今日から社会人となりました。
ブログでは10年以上前から日々のごはんを綴ってきましたが、未だに娘が小さいころのことを覚えていてくださっていて。
「かめ子ちゃん、お元気ですか?」
と、ありがたいメッセージを頂くことがあります。
(昔のブログでは、私が「かめ代」で、オットが「かめ夫」、娘を「かめ子」と呼んでいました。懐かしい・・・)

進学で、娘が一人暮らしをはじめた4年前。
東京から帰る新幹線の中で、
「あぁ、このまま東京で就職して結婚すると、もう二度と娘と一緒に生活することはないのか。」
と思うと、泣けて泣けて・・・。

子育てが終わってしまった・・・。

帰ってきてからも、スーパー等で親子を見ると、突然涙がでるので、うっかり外出も出来ず・・・。
しまいには、なんと(自分でもあきれますが)長年住んでいる自分の家の玄関の段を踏み外してしばらく歩けなくなり・・・。
家の中で無気力でいました。空の巣症候群というのですね。

親って本当に切ない生き物ですよね。
離れていても私はいつも想っているけれど、子どもは親のことなんて忘れるくらい楽しんでくれているのが一番嬉しくて。
本当に、永遠の片思い。やっと実家の親の気持ちが分かった気がします。

もしかしたら、今の時期、同じような方もいらっしゃることと思います。
やっぱり、寂しいですよね。本当に寂しいですよね。
少しずつ慣れてくるといいですね。

私は、半年すると、少し落ち着いてきて。涙のコントロールもできるようになり。
1年・・・2年たったころは、とにかく仕事して忙しくしたいと頑張ってみたり・・・。
3年、4年たったころは、自分の生活を楽しめるようになってきました。

年月はかかりましたが、娘のいない生活にやっと慣れてきたころ、
なんと、娘がUターン就職することが決まり!
思いがけず、4年ぶりに、また家族そろっての生活です。
何年続くかわかりませんが、家族の時間を大切にしたいと思います。

↓こちらは、娘が巣立ったころ、見る度にどうしても涙が出た「収納棚」。
中・高と使っていた弁当箱を娘が持って行ったので、寂しい棚でしたが、
今、また、大切にしてきたお気に入りの「弁当箱」がすべてそろいました。
10年たっても、ずっと愛しく使えることが本当にありがたく、これからも大切にしていきます。

弁当箱

弁当箱も、おかえり。我が家の台所が賑やかになりました。

弁当棚

娘は、食の道に進んでいます。
大学で研究したことを教えてくれて、料理のダメ出し(笑)もたくさんしてくれるようになり、頼もしくなりました。

これからも、ますます!料理と食べること専門(笑)の母娘で、また、ブログにもちょこちょこ登場するかもしれません。
皆様、どうぞ、よろしくお願いします。


今日は、とても長い記事になってしまいました。
お付き合いいただきましてありがとうございます。

4月は始まりの月。
今日から、さまざまなことがスタートしますね。

とてもよい天気。
皆様、よい1日をお過ごしください。


***お知らせ*** 

インスタ更新中です → kameyogohan

↓お弁当本、発売中です。

  

↓お問い合わせありがとうございます。
プロフページまとめました。お仕事のご依頼はこちらをご覧ください。

 

↓現在公開中のJA晴れの国岡山「晴れの国キッチン」
スペシャルムービーの劇中料理、オリジナルレシピを担当しています。
 

↓ブログの更新情報が届きます


↓参加しています


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村


*****